AIによるスマートフォンの進化について

高齢者用アプリの進化

高齢化社会に向けて、高齢者の認知症リスクを予防できるアプリが開発されているのをご存知でしょうか。ここにもAIの技術が使われています。こちらでは、高齢者自身にも家族にも大きなメリットがある高齢者向けアプリについてご説明します。

高齢者向けに、AI機能を活用した健康管理アプリの開発が行われております。アプリの入ったスマートフォンを持ち歩くことで、自動的に利用者の歩行速度を測定し、継続的に分析することで、身体的機能面の変化の兆候や、認知機能低下を早期に予測することができるという仕組みです。

アプリはAIによる会話機能も備え、個人に合った運動や食事のメニューを提案するサービスも展開しています。また、高齢者と家族のスマートフォンアプリを連携し、離れて暮らしている家族の見守り機能としても役立つようになります。データが共有できるので、異変の兆候に気づいて早めの対策をとることが可能になります。

膨張する医療介護費を抑えるためにも、AIを利用したITサービスを活用することは、健康寿命を延ばす仕組み作りに大変有効なことです。これからご自身が高齢を迎えられるという方にも、高齢者を抱えるご家族にも、また社会全体にとっても大きなメリットを生む、新しいスマートフォンによるサービスを是非活用していきたいものです。